株式会社夏目デザイン
株式会社夏目デザイン

ASEISMIC / 耐震性

CONSTRUCTION METHOD夏目デザインの建築工法

木のぬくもりと
高い設計自由度

夏目デザインの建築工法
木のぬくもりが最大限に活かせる家

木のぬくもりが最大限に活かせる家

在来工法では、木をふんだんに使った家づくりができます。木材には天然の調湿作用があり、室内の湿度を調整してくれます。木材は古くから日本の建築に用いられてきた素材であり、日本の高温多湿な環境にも適した通気性の良い家づくりには最適です。木のぬくもりと機能性を活かした家づくりには、在来工法がおすすめです。

増築・改装がしやすい家

増築・改装がしやすい家

木造住宅のメリットとして、増改築がしやすことがあげられます。設計の自由度の高い木造住宅を建てた場合でも、将来的には増改築を検討することになるかもしれません。在来工法の場合は、柱と梁によって家を支えているため、比較的自由に増改築を行うことができます。

『木造軸組工法』は地震に弱い。それは間違いです。

QUAKE PROOF耐震性への取り組み

地盤・基礎・各種工法で
耐震・免震・制震を実現する

最も大切な地盤

最も大切な地盤

家の耐震性は、地盤の強度により左右されます。いくら頑強な構造であっても、軟弱な地盤にそのまま建てたのでは、大きな地震には耐えられません。建物の総重量を支えるだけの強度(地耐力)が不足していると、沈んだり、地震時に建物の倒壊を招きます。そうならないように、地盤調査を行い、地盤改良の有無を確認する必要があります。

鉄筋コンクリート造ベタ基礎

鉄筋コンクリート造ベタ基礎

基礎全面に鉄筋を施し、厚さ〇〇mmの土間コンクリートを打つベタ基礎を標準としています。さらに土台を支える基礎立ち上がり幅を基準の〇〇㎜を上回る〇〇mmとし、強度的に弱い換気口については独自の換気方式を採用することで、基礎に欠損のない連続した一体型基礎を実現。建物の荷重や揺れを、無理なく地盤に伝達し、剛性の高い耐震性に優れた基礎構造を実現しています。

ねじれに強い剛床工法

ねじれに強い剛床工法

天然ヒノキの土台を1m以内の格子状に組み上げ、その頑丈な土台の上に24mmの分厚い構造用合板を敷き詰めることで、土台や梁など、家全体を一体化させる事ができ、地震や台風の際に発生する横からの水平応力やねじれに強くなります。さらに、仕上げ床材や不燃ボードとの重層構造により、耐火性・遮音性にも優れています。

NATSUME'S HOUSE夏目デザインの家づくり

MENU